登校拒否になる3つの原因

登校拒否の3つの原因

不登校の原因は、大きく分けると3パターンあります。
@学校生活が原因(友人や教師との人間関係・学業不振など)
A本人が原因(病気による欠席など)
B家庭生活が原因(家庭環境の急激な変化・親子関係・両親の離婚などの家庭内の不和など)
ほとんどの場合は、これらの理由が複雑に組み合わさっているようです。

 

また、児童本人もはっきりとした理由がわからないまま不登校になってしまった例も多いようです。
では、近年こうした不登校が増えているのは何故なのでしょうか。
2007年に文部科学省が発表した不登校についての調査によると、「自殺をともなういじめ」が増加していることが原因の一つになっているようです。
つまり、自殺するくらいなら、学校に行く必要がないという訳です。

 

学校の位置づけが低下!?

近年、いじめが悪質化・陰湿化していると言われており、その被害者が不登校になっているようです。
また、不登校が継続している理由には、「不安などの精神的混乱」や「無気力」が半分以上を占めており、精神的な要素が大きいようです。
こうした状況の社会背景には、ゆとり教育路線や情報化社会における学校の価値の低下があります。

 

学校に行かなくても、自分で勉強したり進路を開拓したりすることが認識されるようになり、相対的に学校の魅力が低下したのです。
子どもの発達や知的好奇心には個人差が大きいにも関わらず、小中学校の教育体制が画一的であることも学校の魅力低下の理由の一つです。
不登校は、子どもだけでなく学校や社会的背景にも原因があるのです。

 

不登校が増加する原因と理由関連エントリー

不登校からひきこもり、ニートへ
不登校やひきこもりの原因の第一は、いじめや嫌がらせです。特にネット上でのイジメに対する解決策が望まれます。
不登校の対策と解決の取り組み
不登校の問題を解決するために、、NPOや民間施設と連携・協力を行う方向を模索しています。
不登校が増加する原因と理由
不登校の原因として、友達や教師との人間関係、学業不振、病気、家庭不和などの問題があります。