不登校の一番の原因はイジメ

一番の原因はいじめと嫌がらせ

不登校やひきこもりの原因の第一は、いじめや嫌がらせです。
以前から子どものいじめの問題はありましたが、現代では社会の大きな問題の一つになっています。
いじめや嫌がらせの内容も陰湿、悪質なものになっていき、自殺者がでるまでになってしまいました。

 

「いじめが原因で自殺するくらいなら、不登校になったほうがいい」と考える人が増えていることが、不登校の数の増加の原因になっているようです。

 

 

最近ニュースによく登場する「学校裏サイト」はいじめの温床になっています。
ひどいサイトになると、実名をあげて「死ね」とか「ウザイ」などと書かれているようです。学校裏サイトの存在は、いじめの陰湿化の象徴であると思います。
いじめの問題は根深いことが多く、表面的に解決したように見えても、実は解決していないことが多いのが難点です。

 

いじめられている子だけでなくいじめている子にも心の問題があるケースが多いので、教師は対応に注意する必要があります。
学級で話し合いをしたことが原因で、いじめが更にひどくなった例がたくさんあるからです。

 

 

ニート対策と不登校の問題

また、不登校・登校拒否なってひきこもりを始め、次第にニートになってしまう人が多いことも問題になっています。
ニートとは、「働いたり学校に行っていたり職業に就くための専門訓練をうけていない20代から30代の若者」のことです。

 

ひきこもりが原因でニートになった人の中には、中学校や高校で受けたいじめが原因で人間不信になっている人も多いようです。
不登校の問題は、ニート対策にまで発展する可能性があるのです。

不登校からひきこもり、ニートへ関連エントリー

不登校からひきこもり、ニートへ
不登校やひきこもりの原因の第一は、いじめや嫌がらせです。特にネット上でのイジメに対する解決策が望まれます。
不登校の対策と解決の取り組み
不登校の問題を解決するために、、NPOや民間施設と連携・協力を行う方向を模索しています。
不登校が増加する原因と理由
不登校の原因として、友達や教師との人間関係、学業不振、病気、家庭不和などの問題があります。