不登校児童も不安と心配でいっぱいです

学校に行く不安と行かない心配

不登校になっている子どもの抱える悩みには、どんなものがあるでしょうか。
いじめや嫌がらせ不登校の原因になっている場合には、不登校になることで直接被害に合うことはなくなりますが、学校にいったらまたいじめられるのではという心配があると思います。
また、勉強が嫌で不登校になったのであれば仕方ないですが、勉強したいのに学校に行けない不登校の子もいます。
学校に行かないことで、どんどん学校の勉強がわからなくなることが心配になるかと思います。

 

フリースクールに行くケースもありますが、そこでの人間関係に疲れてしまうこともあります。そんなケースには、家庭教師を派遣し、マンツーマンでの人間関係から修正していく方がいいでしょう。

 

進路や将来に対する不安

勉強と同様、進路について不安を感じる子も多いと思います。
このまま不登校をしていたら、将来どうなるんだろうと悩んでいる子も多いでしょう。
何か将来の夢がある子の場合には、その夢に向かって努力することができますが、将来の夢がなかったり何をしたらいいのかわからないという子が多いのが現実です。
このことは、不登校でない子でもありがちな傾向です。

 

不登校が続く原因の一つに、保護者との関係があります。
保護者が必要以上に構いすぎたり、世話を焼きすぎたりすると、子どもが自分の心に気が付きにくくなってしまいます。
子どもを信じて、大きな器で見守ってあげるのも一つの方法です。
そうすれば、子どもが自分自身で解決していくケースも多いのです。

不登校の子供が抱える悩み関連エントリー

不登校克服体験談
一人で悩まずに不登校を克服した人の体験から、自分や子供が登校拒否になったときの原因や対処方法をを考えましょう。
不登校の子供が抱える悩み
将来の夢がなかったり何をしたらいいのかわからないというのは、不登校でない子でもありがちな問題です。