不登校を解決するための情報サイト

イジメ・学校裏サイトについてエントリー一覧

学校裏サイトチェッカー
「学校裏サイト」の検索ができる「学校裏サイトチェッカー」というサイトのをご存知でしょうか。探し出すのが極めて難しいといわれる学校裏サイトを学校別に検索できるほか、ユーザーが見つけた裏サイトの登録することも出来るサイトで、ネットベンチャーのサイブリッジと言う会社が運営しています。「学校裏サイトチェッカー」には、サイブリッジのスタッフらが2ちゃんねるのスレッドなどから探し出した小学校、中学校、高校の学校裏サイトが記載してあります。また、学校裏サイトクリックランキングというものが表示されており、小学校...
ネットいじめ対応アドバイザー資格認定講座
不登校やいじめ、ひきこもりなど、子供に関するさまざまな相談を受け付けている「全国webカウンセリング協議会」というところがある。同協議会では、教職員を対象に「ネットいじめ対応アドバイザー資格認定講座」を開いていて、「学校裏サイト」の見つけ方や、嫌がらせを目的とした「なりすましメール」の受信拒否の方法などを教えている。学校や児童相談所ではネットいじめに関して専門的に対応できる人材が不足しており、教員や相談員に専門的知識をつけてもらうため、同協議会で「ネットいじめ対応アドバイザー資格認定」講座を開講...
学校裏サイトの被害者が訴訟
学校裏サイトに書き込まれるのは生徒だけではない。生徒から相談を受ければ、担当の教員はサイトの管理者や運営会社に対し、削除依頼の対応をせざるを得ない。だが、2ちゃんねるなどの場合は、発信者情報開示を求める際には、請求した者の本名、理由などを公開しなければならないようになている。そのため、今度はその教員が書き込みのダーゲットにされると言うケースも出ており、教員側のリスクも大きい。2008年2月には学校裏サイトの書き込みを巡って始めての訴訟が起きている。高校に入学してまもない時に、携帯用の学校裏サイト...
学校裏サイトの実態調査
2004年に長崎県で、当時小学6年生の女児が同級生を刺すという事件が起こったが、その背景は「学校裏サイト」への書き込みを巡るトラブルが発端だった。2007年には「学校裏サイト」に校長先生を「殺す」と書き込んだ大阪府の高校1年生の男子が、脅迫容疑で逮捕された。こうした事件があったにもかかわらず、その後も「学校裏サイト」は拡大し続けている。「学校裏サイト」とは、学校の公式なサイトではなく、学校の在校生や卒業生などが利用する目的で運営されているサイトのこと。掲示板の形式で設置され利用されることが多く、...