不登校に追い込まれた生徒が同級生を訴えた!

増加するインターネットの書き込みと訴訟

学校裏サイトに書き込まれるのは生徒だけではない。
生徒から相談を受ければ、担当の教員はサイトの管理者や運営会社に対し、削除依頼の対応をせざるを得ない。
だが、2ちゃんねるなどの場合は、発信者情報開示を求める際には、請求した者の本名、理由などを公開しなければならないようになている。
そのため、今度はその教員が書き込みのダーゲットにされると言うケースも出ており、教員側のリスクも大きい。

 

2008年2月には学校裏サイトの書き込みを巡って始めての訴訟が起きている。
高校に入学してまもない時に、携帯用の学校裏サイトに書き込みをされた女性が「書き込みが原因で退学を余儀なくされた」として、元同級生2人とその両親を相手取り、200万の慰謝料を請求する民事訴訟を起こしたもの。

 

訴状によると、2005年4月に茨城県内の高校に入学後すぐ、同校の大半の生徒が閲覧していたという学校裏サイトに、2人の同級生から約1週間にわたり、「調子に乗りすぎ」「消えろよ、虫けら」「いい子ぶってるな」「めざわりだし、やめるの楽しみにしてるよ」などの書き込みをされたという。
そのため学校では女性に誰も近寄らなくなり、休み時間も昼食時も一人という状態だった。
おびえた女性は、警察にも相談したと言うが、女性は次第に学校に行かなくなり、2005年6月に退学している。

 

学校裏サイトについて、今後同じような訴訟が増える可能性は高いだろう。

 

 

学校裏サイトの被害者が訴訟関連エントリー

学校裏サイトチェッカー
学校別に検索できて、ユーザーが見つけた裏サイトの登録することも出来る「学校裏サイト チェッカー」
ネットいじめ対応アドバイザー資格認定講座
「全国webカウンセリング協議会」では教員や相談員に専門的知識をつけてもらうため、「ネットいじめ対応アドバイザー資格認定」講座を開講しています。
学校裏サイトの被害者が訴訟
携帯用の学校裏サイトに書き込みをした生徒2人とその両親が200万の慰謝料を請求され他!
学校裏サイトの実態調査
高校生の約44%がイジメ的な書き込みを見たことがあり、11.3%が中傷や悪口などの書き込みをしたことがある。