不登校やいじめ、ひきこもりの相談

心理療法カウンセラー養成講座も

不登校やいじめ、ひきこもりなど、子供に関するさまざまな相談を受け付けている「全国webカウンセリング協議会」というところがある。
同協議会では、教職員を対象に「ネットいじめ対応アドバイザー資格認定講座」を開いていて、「学校裏サイト」の見つけ方や、嫌がらせを目的とした「なりすましメール」の受信拒否の方法などを教えている。

 

学校や児童相談所ではネットいじめに関して専門的に対応できる人材が不足しており、教員や相談員に専門的知識をつけてもらうため、同協議会で「ネットいじめ対応アドバイザー資格認定」講座を開講することにしたという。

 

インターネットや携帯電話の操作などに疎い人には講習会を開き、そうした操作に慣れている人や講習会に参加できない人は、講習会で使われるのと同じテキストと課題を送付してもらい、自宅で学習することになる。
3ヶ月の受講期間内に課題を提出し合格すれば認定書がもらえるそうだ。

 

学習内容は、学校裏サイトを実際に見つけたり、いじめにつながる書き込みを削除する方法やなりすましメールの受信拒否設定の仕方などで、ネットいじめ全般に対応する内容になっている。

 

また同協議会では、 心理療法カウンセラー養成講座も行われている。
心理療法カウンセラー養成講座は、いじめ・不登校・ひきこもり・ニートで悩む本人・親に向けてのカウンセリングを行う、豊富な専門知識と実績を持つカウンセラーの育成を目指している。

 

全国webカウンセリング協議会 → http://www.web-mind.jp/guidance/

 

 

ネットいじめ対応アドバイザー資格認定講座関連エントリー

学校裏サイトチェッカー
学校別に検索できて、ユーザーが見つけた裏サイトの登録することも出来る「学校裏サイト チェッカー」
ネットいじめ対応アドバイザー資格認定講座
「全国webカウンセリング協議会」では教員や相談員に専門的知識をつけてもらうため、「ネットいじめ対応アドバイザー資格認定」講座を開講しています。
学校裏サイトの被害者が訴訟
携帯用の学校裏サイトに書き込みをした生徒2人とその両親が200万の慰謝料を請求され他!
学校裏サイトの実態調査
高校生の約44%がイジメ的な書き込みを見たことがあり、11.3%が中傷や悪口などの書き込みをしたことがある。