教師や保護者も「学校裏サイト」をチェック!

教職員や保護者もチェック

「学校裏サイト」の検索ができる「学校裏サイトチェッカー」というサイトのをご存知でしょうか。
探し出すのが極めて難しいといわれる学校裏サイトを学校別に検索できるほか、ユーザーが見つけた裏サイトの登録することも出来るサイトで、ネットベンチャーのサイブリッジと言う会社が運営しています。

 

「学校裏サイトチェッカー」には、サイブリッジのスタッフらが2ちゃんねるのスレッドなどから探し出した小学校、中学校、高校の学校裏サイトが記載してあります。
また、学校裏サイトクリックランキングというものが表示されており、小学校、中学、高校別に利用頻度の高い学校の裏サイトが一目瞭然。

 

検索方法は簡単。
調べたい学校が中学校なら中学校のタブを選択し、その中の都道府県を選択、さらに表示されている市区町村にまでエリアを絞ると、その地域にある学校が全て表示されます。

 

裏サイトが登録されている学校には「学校裏サイトが登録されています」と表示されているのでクリックすると裏サイトのURLとサイト名が表示される。
自分が見つけた裏サイトを登録したい場合は、表示画面の下部にある「学校裏サイトを申請する」というボタンから申請できるようになっています。

 

サイブリッジでは、学校裏サイトチェッカーについて、「教職員や保護者の利用を見込んでいるが、裏サイトはマイナスなものだけではないので、学校のOBらにも利用してほしい。」、「現在掲載しているサイトはまだ少ないが、年内には文部科学省が探し出した3万8,000件規模の掲載を目指す」と話しています。

 

学校裏サイトチェッカー → http://schecker.jp/

 

 

学校裏サイトチェッカー関連エントリー

学校裏サイトチェッカー
学校別に検索できて、ユーザーが見つけた裏サイトの登録することも出来る「学校裏サイト チェッカー」
ネットいじめ対応アドバイザー資格認定講座
「全国webカウンセリング協議会」では教員や相談員に専門的知識をつけてもらうため、「ネットいじめ対応アドバイザー資格認定」講座を開講しています。
学校裏サイトの被害者が訴訟
携帯用の学校裏サイトに書き込みをした生徒2人とその両親が200万の慰謝料を請求され他!
学校裏サイトの実態調査
高校生の約44%がイジメ的な書き込みを見たことがあり、11.3%が中傷や悪口などの書き込みをしたことがある。